top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

エコカラットの色味

こんにちは。


当社ではほとんど紙のカタログがありません。最近はウェブカタログが充実してきましたので、分厚いカタログが不便だと思うようになりました。


それでもいくつかはあってウェブでの色味とカタログの色味を比較してみると何となくイメージが違います。稀にカタログだけでタイルや大理石を決めてしまってクレームになる場合があります。誰が悪いというより印刷や画面での色味は案外違うと思っておいた方がいいですね。(これはタイルだけではないですが・・・)


タイル(エコカラットもタイルの仲間)や大理石はどのメーカーも返品させてくれません。セラミックなので輸送の往復での破損や返品商品の再選別、それから再パッケージなどメーカー側の理由も理解できます。


ショールームがあるメーカーなら現物を見に行ったり、サンプルを請求するのがいいと思います。ハウスメーカーの中にはタイルメーカーを選べないこともあるようです。(それで当社に依頼される方もいます)


さて、エコカラットは今年(2022年)の10月に価格改定があるのでエコカラットをご検討の方は9月までに工事する方がお得かもしれません。たぶん、純正接着剤も値上げになると思います。当社はコストを下げるために変なボンドやタイル工事経験のない職人にはやらせないので、値上げ分はそのまま工事価格に転嫁せざるを得ません。


話がそれました。タイル(エコカラットも)や大理石などは一度貼ったら、それを変えたいと思っても、ほとんどの場合、下地ごと壊れるので色味や模様は慎重に選んでください。


それではまた。


(写真とウェブの見え方の違い)


ホヌパス株式会社 スタップブログ

閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

タイル工事店のためのお金の話(下請法)

こんにちは。 今日はお金の話で少し固め。下請法の話です。もちろん下請法はタイル工事店だけのものではありません。ここでは小規模なタイル工事店や個人事業主のためにお金に関わる下請法をざっくりまとめてみたいと思います。 なお、建設工事については下請法でなく建設業法に縛られることが多いと思います。お金の支払いについては建設業法の方が厳しいくらいです。ただ一般の商取引として下請法の流れを押さえておくのは有意

bottom of page