top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

タイルと石材(天然石)の接着剤と施工法

以前、タイルはモルタルの他に接着剤で張るということを書きました。タイルの接着剤は弾性接着剤で変性シリコーン系です。一方、石材は2液タイプのエポキシ樹脂系で張ることが多いものの薄手なら石材用変成シリコーン系接着剤が使えます。内外装で使用する大型の石材(例えば、みかげ石の60cm角以上)はダボ穴と言って石材の側面に穴をあけ躯体に緊結する乾式工法で施工することが多いです。しかし、躯体と仕上がりまでの厚みが大きいことや躯体にかかる重量はかなりなもなので構造的な問題を色々と検討しなければなりません。この工事は石工事専門業者が施工する場合がほとんどです。我々の石材工事は接着剤での施工の他、ダボ穴加工をしない乾式工法的な方法です。ホヌパスの職人は左官・タイル・石材・金具施工と一人何役もこなす職人が多いので乾式工法的な施工は可能ですが、ダボ穴乾式は難しいのが現状です。




閲覧数:40回

最新記事

すべて表示

タイル工事店のためのお金の話(下請法)

こんにちは。 今日はお金の話で少し固め。下請法の話です。もちろん下請法はタイル工事店だけのものではありません。ここでは小規模なタイル工事店や個人事業主のためにお金に関わる下請法をざっくりまとめてみたいと思います。 なお、建設工事については下請法でなく建設業法に縛られることが多いと思います。お金の支払いについては建設業法の方が厳しいくらいです。ただ一般の商取引として下請法の流れを押さえておくのは有意

bottom of page