top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

タイルを貼ってみよう!

ホヌパスは法人のお客様がメインですがたまにはDIYのような企画もやってみようと思い、「タイルを貼ってみよう!」と言うブログを書いてみました。室内用にちょっとタイルを

貼ることを想定しています。


用意する材料と道具ですが、

①タイルとタイル用ボンド(ネット販売事業者やホームセンターで買えます)

②カッターと滑りにくい軍手

③コテとコテ板(ネットやホームセンターで買えます)

④目地材(なくてもいい)

⑤養生用の紙やテープ


用意するタイルですが、なるべく正方形で一辺が1cmか1.5cmのものです。その小さいタイルが何枚もついているシート状(30cm角くらいになっているもの)で売っています。下のイラストのような感じです。目地のところで切りやすくなっています。

小さいタイルが集合しているシート

こういうタイルがいいのは割付をして半端が出たときに工具がないとタイルが切れないということがないようにするためです。それとかわいいですね。


タイルの割付の難しい端の部分

こんな感じで端のところが問題です。下の絵のようにレンガ張りと言って交互にタイルを貼っていくのは端の部分でカットがたくさん出ます。タイル専用カッターやディスクグラインダーが必要になってきます。


レンガ張り

さて、基礎的な知識を入れたらタイルを貼ってみましょう。タイルを貼る壁にボンドを塗ってタイルを貼るだけです。なるべく水平になるようしましょう。タイルを貼る壁に鉛筆で線や印を入れておくのもいいですね。メジャーや定規を使うと便利です。少し失敗してしまってもDIYの面白いところです。細かいハウツーは全部書けませんが、いろいろ試して楽しんでください。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

タイル工事店のためのお金の話(下請法)

こんにちは。 今日はお金の話で少し固め。下請法の話です。もちろん下請法はタイル工事店だけのものではありません。ここでは小規模なタイル工事店や個人事業主のためにお金に関わる下請法をざっくりまとめてみたいと思います。 なお、建設工事については下請法でなく建設業法に縛られることが多いと思います。お金の支払いについては建設業法の方が厳しいくらいです。ただ一般の商取引として下請法の流れを押さえておくのは有意

bottom of page