top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

曲面へのタイル張りについて

こんにちは。今日は曲面へのタイル張りについてです。


実は曲面へのタイル張りや石張りについてどの程度の曲面(R面)に対してタイルを張っていいかという基準がなく設計者や施工者にとっては難しい問題の一つです。円柱のような場所への施工はしないというのが基本ですが現場によってはどうしても張りたいという要望が出てきます。設計者や現場管理者もわからないからメーカーや工事店に問い合わせることがあっても、その基準の根拠がないからどうしても曖昧にしか回答できないはずです。仮に回答してくれた営業マンや担当者に根拠を聞いてはっきりした根拠を言ってくれない場合がほとんどではないでしょうか。安全面から円柱のような曲面にはタイルや石材は張らないでくださいときっぱり言うのが的確な答えかもしれません。


しかし、それでも何かの事情でタイル張りや石張りをする場合、根拠のようなようなものがあれば判断しやすと思います。ホヌパスでは工学系の方の意見を聞いて、比較的簡単に説明ができる「円の方程式」から一応の回答をしようと思っています。曲面が強ければタイルや石材への接着材(専用ボンド)がタイルの端の方はつきにくくなります。何パターンかシミュレーションしてみましたが、円柱で言えばタイルの長さの20倍の半径があればタイルや石材の端でも接着剤は下地についているだろうという結論になりました。長さ20cmのタイルなら4mの半径です。意外と大きな円という感覚かもしれません。


円柱のような曲面にタイルや石材を張る場合、それぞれの根拠を工事店やメーカーに聞いて

納得できるような回答が得られれば曲面へのタイル張りもありかもしれません。曲面へのタイル張りをするなら剥離防止のためにも安全については十分考慮すべきです。







閲覧数:632回

最新記事

すべて表示

タイル工事店のためのお金の話(下請法)

こんにちは。 今日はお金の話で少し固め。下請法の話です。もちろん下請法はタイル工事店だけのものではありません。ここでは小規模なタイル工事店や個人事業主のためにお金に関わる下請法をざっくりまとめてみたいと思います。 なお、建設工事については下請法でなく建設業法に縛られることが多いと思います。お金の支払いについては建設業法の方が厳しいくらいです。ただ一般の商取引として下請法の流れを押さえておくのは有意

bottom of page