top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

無料見積りと有料見積りの違いとは

こんにちは。


当社には無料見積りと有料見積りがあります。


無料見積りは当社における通常の見積りでメールやLINEで行うものです。補助的に電話や簡単なテレビ会議システムを使います。これまでの経験からほぼ写真や図面と補助的に電話やテレビ会議システムがあれば、ほとんどの場合、見積りができるようになってきました。ただ、写真や図面と電話でのやり取りで、どうしてもわからない場合は、概算見積りにご納得いただいたお客様に対して無料で訪問させていただく場合があります。


有料見積りは初めからお客様のところに出向き、現場を見てお見積りをいたします。時間をかけて丁寧にお見積りいたします。とにかく現場を見てほしい、顔を見ながら話したいなどの場合はこちらの有料見積りになります。


コロナ禍により営業方法も見積りの仕方も変わってきました。しつこい営業は当社では行いませんし、お客様からも好まれません。


余談になりますが、先日、電子マネーしか使えないお店と言うものがありました。ちょっとびっくりしましたが、公共交通機関も電子マネーが主流になりつつあることを考えると、いずれ電子マネーしか使えないお店が普通になるかもしれません。(下記の写真はイメージです)




閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

タイル工事店のためのお金の話(下請法)

こんにちは。 今日はお金の話で少し固め。下請法の話です。もちろん下請法はタイル工事店だけのものではありません。ここでは小規模なタイル工事店や個人事業主のためにお金に関わる下請法をざっくりまとめてみたいと思います。 なお、建設工事については下請法でなく建設業法に縛られることが多いと思います。お金の支払いについては建設業法の方が厳しいくらいです。ただ一般の商取引として下請法の流れを押さえておくのは有意

bottom of page