top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

タイルと塩ビタイルとフロアタイルの違い

こんにちは。今回は「タイルと塩ビタイルとフロアタイルの違い」についてです。


タイルの仕事をしていると案外、塩ビタイルやフロアタイルの話が来ることがあります。

同じタイルと言う名前なので勘違いされても仕方ないですね。塩ビタイルとフロアタイルはほぼ同じものです。プラススチックのような素材です。Pタイルと呼ばれることもあります。主に床の仕上げに使われます。



当社が扱っているタイルはセラミックスのタイルで、建築建材の仕上げ材の中では高い商品だと思います。


当社が扱うタイルの中には、さらにグレードの高い大判タイルだったりエコカラットと言うタイルがあります。


塩ビタイルもフロアタイルもプラスチックのような建材なので薄く安価なのが特徴です。塩ビタイルやフロアタイルは施工性もいいので全体的に安価に仕上げられます。店舗や商業施設の床、そしてビルやマンションの床にも使われています。




安いからといって馬鹿に出来ないのが最近の表面加工技術です。とても高級そうに見えます。昔の塩ビタイルは安いっぽい感じでしたが、最近は全然印象が違います。カタログで見たくらいではセラミックスのタイルと変わりません。


とは言ってもセラミックス・タイルの表面加工技術も年々進化して、やはり高級なものは高級と言う感じです。




皆さんも床を見て塩ビタイルかセラミックスタイルと思いながら床を見ると案外新しい発見があるかもしれません


それではまた。

タイルを張ってる人のイメージ
タイルを張ってる人のイメージ

参考:主なメーカー


塩ビタイルメーカー

・東リ

・サンゲツ

・田島ルーフィング


タイル (セラミックス)

・LIXIL

・名古屋モザイク工業

フィアンドレ(イタリア)


様々な情報のある



Comentários


bottom of page