top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

【2023年】エコカラット工事 料金表


こんにちは。


今回はエコカラットプラス(以下 エコカラットと言う名称に省略)の価格についてです。


この価格はエコカラット代+副資材+工賃の合計になっています。諸経費(雑費)や交通費は、別途となります。商品代は2023年4月発行のリクシル(INAX)カタログを参考にしています。商品は代表的なものを掲載しています。一部、4月からグラナスルドラやグラナスヴィストは廃番になります。(後継シリーズはあり)


工賃の算定根拠は、国交省の令和4年3月からの労務単価(注1)からです。職人の法定福利費等が含まれた1日あたりの労務単価です。1日あたり32000円/人程度です。(東京のタイル工の労務が出ていないので当社推計)。つまり、これが工賃の原価です。それにエコカラット商品代、副資材、会社の経費などがのってきます。たとえば、安い価格帯のエコカラットを1㎡張ろうと思っても工事込みなら8万円(税込)程度はかかるということです。少量で、価格にこだわるならDIYの一択になろうかと思います。下記の単価表は6㎡以上の参考単価となります。


安い価格を出している業者については、そもそも古い情報でないか、商品購入先は正規代理店かどうか、接着剤などの副資材は純正品か、カットなどの発生材の処分は適正かなど確認してみてください。そしてなにより職人の腕は確かかどうかですね。当社ではリクシルの正規代理店より商品は購入していますし、職人も有資格者(建築施工管理技士)の仕上げチェックを受けています。


もちろん業者によって安い高いがありますので皆様のエコカラット費用のご参考になればと思います。


2023年 エコカラット工事 単価表
2023年 エコカラット工事 単価表

※注1 参考サイト 国交省

https://www.mlit.go.jp/report/press/tochi_fudousan_kensetsugyo14_hh_000001_00077.html



※注

令和5年3月より労務単価はさらに5%程度のアップが国交省より示されています。



【トピックス】ホヌパス(株)東京オフィスをオープンしました。






bottom of page