top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

エコカラット vs タイル 工事難易度

こんにちは。


エコカラットとタイルの工事難易度について書きます。


エコカラットもセラミックなのでタイルと言えばタイルですが、いわゆる磁器質タイルに比べると薄く柔らかいので加工がしやすいというのが特徴です。磁器質タイルはとても硬いのでカットに使う刃も早く悪くなります。


エコカラットはDIYでも施工できますが、一般的に言えば、プロと素人では施工数が違うので道具はもとよりスピードも綺麗さも違います。そして施工の品質を担保するのが施工管理と言うことになります。施工管理は職人でなく、施工管理者が行います。規模の大きなタイル工事店ほど建築施工管理技士(国家資格)が行います。


10月からエコカラットも値上げしてしまったので、ますます高級品になってしまった感はありますが、それでもハイグレードな空間と機能は捨てがたいものがあります。


機能より「かっこよさ」なら1枚が1.2m×0.6m(エコカラットの大判タイプの4枚分)の

大理石のようなタイルもリビングや大きい空間ならおすすめです。


(写真はエコカラットの割付とカット施工例)


閲覧数:41回

最新記事

すべて表示

タイル工事店のためのお金の話(下請法)

こんにちは。 今日はお金の話で少し固め。下請法の話です。もちろん下請法はタイル工事店だけのものではありません。ここでは小規模なタイル工事店や個人事業主のためにお金に関わる下請法をざっくりまとめてみたいと思います。 なお、建設工事については下請法でなく建設業法に縛られることが多いと思います。お金の支払いについては建設業法の方が厳しいくらいです。ただ一般の商取引として下請法の流れを押さえておくのは有意

bottom of page