top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

タイル工事は安くできるか。

こんにちは。


タイル工事って高いイメージがありますが少しでも安くできるでしょうか。タイル工事に限らず建築工事の値段(単価)はざっくり言うと材料費+工賃(人工)+経費の3要素から成り立っています。タイル工事を安くするにはこのどれかを削る必要があります。まず材料費ですが、最近では施主がタイルを支給したり、工事店のアウトレット商品の提案を受け入れることで下がる可能性があります。施主がネットで買う場合は安全なサイト(会社)から購入したした方がいいでしょう。会社情報や口コミなどを参考にしてください。(※当社は材工共の責任施工店のため支給品の工事は請負っておりません。)


次に工賃ですがこれはなかなか下がらない可能性があります。また現場の状況で変わったりします。建築職種の多くは道具も揃えなければなりません。タイル工事についてはタイルをカットする道具であるディスクグランダーや押切り、モルタルや接着剤を塗る鏝、基準墨をとるためのレーザー機器などが必要になります。工賃の中には、目に見えないようなものもあります。たとえば、車の維持費なども含まれます。


最後に経費ですが、これは薄利多売的な工事店では安くできるかもしれません。当社は営業(施工管理)と職人が分かれていますので薄利多売的な経費では施工ができません。タイル工事が安いと多くの方に使ってもらえる可能性がありますが利益の出ないような水準の価格ではどのタイル施工店も受注してくれないかもしれません。上手に交渉してタイル工事をなるべく安く施工してもらいましょう。ところで、安さを求めるならDIYでタイル工事をするという選択肢もあります。


当社の場合は支給品での工事は請負っておりませんので、支給品で施工してくれるタイル工事店や職人さんを探すのがポイントです。最近はネットで見つけることが可能になりつつあります。たとえば、「〇〇市 タイル工事店」や「〇〇区 タイル工事店」と探せば近くのタイル工事店を探すことができます。ホームページや電話で問い合わせてみてください。


それではまた。


閲覧数:142回

最新記事

すべて表示

タイル工事店のためのお金の話(下請法)

こんにちは。 今日はお金の話で少し固め。下請法の話です。もちろん下請法はタイル工事店だけのものではありません。ここでは小規模なタイル工事店や個人事業主のためにお金に関わる下請法をざっくりまとめてみたいと思います。 なお、建設工事については下請法でなく建設業法に縛られることが多いと思います。お金の支払いについては建設業法の方が厳しいくらいです。ただ一般の商取引として下請法の流れを押さえておくのは有意

bottom of page