top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

タイル職人だけを紹介出来ないわけ

こんにちは。


タイル職人を紹介してほしいという要望が時々あります。当社はお断りするようにしています。当社は紹介業でないことと、問題があった時に当社にクレームが来ることもあるからです。


一般の方やゼネコンの方であってもタイル職人さえいればタイルが張れると勘違いしている人がいらっしゃいます。


たとえば、副資材は適切か?、タイルを張る下地は安全なのか?・・などの検討が本当にタイル職人さんだけでできるでしょうか。タイル職人はタイルを張ることが仕事なのでタイル張りに適さない下地でもタイルを張ってほしいと言えば貼ってくれる方もいます。タイルが剥離するかどうかまで考えてくれる職人さんは少ないと思います。(でも、そういうことも考えてくれる職人もいます)


以前、吹付の上からタイル張りをしている現場を見たことがあります。当然、間もなく落下していました。壁紙の上から重いタイルを張って剥がれたと聞いたことがあります。信じられないことが起こるわけです。


しかし、当社は建築施工管理技士などの有資格者等で検討しますので、聞き取り調査で下地や副資材の知識がない方で安さを追求される方には、当社をおすすめしていません。タイルは非常に高級感のある本物志向のおしゃれなものですが、重量物(1㎡あたり20㎏~30㎏程度)でもあるため、安心安全が第一です。タイルが落下したり剥離しては意味がありません。当社が材工共(材料と工事)にこだわっているのはそのためです。


タイルの仕上げ精度は下地に始まり下地に終わるといても過言ではありませんし、剥離や落下は張り方や副資材の知識がしっかりした知識と言う土台があってのことです。


それでもタイルだけをなるべく安く張ってほしい方は当サイトのブログ「格安なタイル工事店の見つけ方」をご覧ください。もしかしたらいい職人にあたるかもしれません。


それではまた。



最新記事

すべて表示

タイル工事店のためのお金の話(下請法)

こんにちは。 今日はお金の話で少し固め。下請法の話です。もちろん下請法はタイル工事店だけのものではありません。ここでは小規模なタイル工事店や個人事業主のためにお金に関わる下請法をざっくりまとめてみたいと思います。 なお、建設工事については下請法でなく建設業法に縛られることが多いと思います。お金の支払いについては建設業法の方が厳しいくらいです。ただ一般の商取引として下請法の流れを押さえておくのは有意

bottom of page