top of page
  • 執筆者の写真honupose staff

格安なタイル工事店の見つけ方

こんにちは。


このブログは、お問い合わせいただいた質問や実際の現場の中からお客様が私どもの説明を理解しやすくなったり、お客様の利益となることを中心に書いております。今回は「格安なタイル工事店の見つけ方」です。


格安と言うのはそれなりの理由があります。商品なら訳ありや消費期限間近と言うことで価格が下がるこがあります。タイル工事店やタイル職人はどうでしょうか。訳あり工事店で格安です、と書いてあったらなんかこわいですね。


当社に「格安」を期待してお問い合わせしていただくお客様がいらっしゃいますが、残念ながら格安なタイル工事店とは言えません。それでは格安なタイル工事店の探し方はないのでしょうか


当社は訳ありでないことと、営業マン(建築施工管理技士などの有資格者等)と職人が分かれているからです。つまり分業です。当社の場合は営業マンは見積りもしますし、施工管理も行います。施工管理とは材料の手配や様々な段取りを行いつつ職人の施工がしっかり行われているかをチェックする人と言う感じです。


さて、価格を決める要素はなんでしょうか。


どの職種の工事店でも、訳ありでなくても比較的格安で施工してくれる工事店はあります。営業と職人を同時にできる職人を抱えている会社か個人営業されている方です。


次に価格を決めるのに「距離」が関係します。遠方ならコストが上がります。逆に近場ならコストが下がります。


それから最近は比較サイトがありますから、そこで相見積もりを取るのもいいかもしれません。


それではまとめです。なるべく安い工事店を見つけるには、


1、タイル工事店で職人さんが営業マンも兼ねている工事店(だいたいホームページで確認できます。ホームページがない場合は電話で聞いてみてください。)


2、近場であること。一番近い工事店がコスト的には低いはずです。


3、比較サイトを利用する。



当社の場合は、レベルの高い職人さんと建築施工管理技士等がチームのように営業・見積り・段取り・施工及び施工管理をする材工共の責任施工店のため、残念ながら「格安」では施工出来ないのです。「格安」を期待してお問い合わせしていただくお客様のために今回は「格安なタイル工事店の見つけ方」と言うブログを書きました。


それではまた。





ホヌパス(株) スタッフブログ

閲覧数:128回

最新記事

すべて表示

タイル工事店のためのお金の話(下請法)

こんにちは。 今日はお金の話で少し固め。下請法の話です。もちろん下請法はタイル工事店だけのものではありません。ここでは小規模なタイル工事店や個人事業主のためにお金に関わる下請法をざっくりまとめてみたいと思います。 なお、建設工事については下請法でなく建設業法に縛られることが多いと思います。お金の支払いについては建設業法の方が厳しいくらいです。ただ一般の商取引として下請法の流れを押さえておくのは有意

bottom of page